【硬式野球部】度重なる失策で逆転を許し、昨秋のリベンジ果たせず

Image.jpeg

<写真・今季初の4番に抜擢され、マルチ安打の活躍を見せた高波>
 5月10日、南港中央野球場にて令和4年度関西学生野球連盟春季リーグ戦第4節(対関大第3戦)が行われた。
 関学の先発・西(文4)は、初回からキレのある直球を武器に三者凡退に仕留め、抜群の立ち上がりを見せる。試合が動いたのは2回裏、今大会自身初の4番に抜擢された高波(経4)がその起用に応える中前打で出塁。相手の暴投と5番・佐藤海(国4)の左飛で進塁し1死三塁のチャンスを作ると、続く6番・水口(商3)が右方向に犠飛を放ち、関学は先制点を奪った。幸先の良いスタートを切ったように思われた関学だったが、3回表に形成が一気に逆転。先頭打者に四球を与えると、野手選択と守備の失策が絡み、この回一挙2失点。しかし西は中盤以降、安定感抜群の打たせて取るピッチングを披露する。好投に応えたい関学打線は6回裏、1死二塁のチャンスで高波が打席に。カウント1−0からバットを強振し内野安打を放つと、この日2安打のマルチヒットを記録。その後、暴投を見逃さなかった三塁ランナー堀尾(社4)がホームに生還すると、試合をふりだしに戻すことに成功。援護を受け迎えた7回表、西は2死二塁のピンチを招く。6球目を左前に弾き返されると、二塁走者がホームに突っ込みクロスプレーに。関学は焦りからこの返球を落としてしまい、あえなく関大に逆転を許す。さらに、西からバトンを受けた鈴木也(教4)も、2死三塁の場面で追加点を献上。攻守に精彩を欠いたチームは、第3戦までもつれ込んだカードに2−4で敗北を喫し、勝ち点を奪われた。きょうの屈辱を糧に、チームは残りのカードで全勝を目指す。
 次戦は5月14日、同会場にて同大会第7節第1戦が行われ、関学は近大と対戦する。
【関】鷲尾、辰己、定本―有馬
【学】西、鈴木也―佐藤海
試合後のコメント
佐藤海都主将「関大との3戦を通して、チームの守備の甘さを痛感した。バッティングの調子こそ上がりつつあるものの、度重なるミスで3失点してしまった。今週末に控える第5節までに必ず改善しなければならない。次の対戦相手である近大は、投打ともに安定している抜け目のないチーム。ロースコアで迎えながら、きょうの反省を糧に守りでリズムを作っていきたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です