【バドミントン部女子】春季リーグ最終戦を完勝で締めくくる!

Image.jpeg

<写真・ジャンピングスマッシュを決める小野田>
 5月8日、立命館大学茨木キャンパスOICアリーナにて令和4年度関西学生バドミントン春季リーグ戦が行われ、関学は甲南大と対戦。セットカウント3−0で勝利した。
 前日の疲労を見せることなく、関学は最終戦に臨んだ。第1シングルスには酒井(理工4)が出場。第1ゲームでは連続攻撃で積極的に攻めるプレーを繰り広げ、21−10と順調な立ち上がりを見せた。いい流れのまま迎えた第2ゲーム。序盤は得点を重ねリードする展開だったが、中盤以降は相手の粘り強いレシーブで1点差に詰め寄られてしまう。しかし、的確なショットで相手のリズムを崩すことに成功すると、最後は持ち前のスマッシュで決め切りセットカウントを奪取した。続く第2シングルスに出場したのは三嶋(文2)。第1ゲームではレシーブやクリアを多用し、相手を動かしながら試合を展開。相手に攻め込まれ、何度も得点を奪われたものの、終盤は冷静さを欠くことなく相手のミスを誘発。レシーブの乱れや空いたスペースを確実に狙い、21−19で1ゲーム目を先取。第2ゲームからは三嶋の猛攻が始まる。ゲーム序盤から積極的な攻撃を見せ、一時は11点差で相手を引き離す。その後も主導権を渡すことなく、ストレートで勝利。勝てばチームの勝利が決まる3戦目。第1ダブルスには鎌田(文4)・小野田(教4)ペアが登場。終始攻めの姿勢を崩さなかった。二人のコンビネーションが冴え渡り、攻めの展開から得点を量産していく。終盤には相手に得点を許すことなく第1ゲームを奪う。その後も勢いは止まらない。落ち着いてラリーを展開すると、連続でジャンピングスマッシュを打ち込み相手を翻弄(ほんろう)。圧巻のゲームメイクで第2ゲームを21−10で勝ち取り、関学は最終戦をセットカウント3−0の完勝で締めくくった。だが、チームでは嬉しさよりも悔しさが滲んだ今大会。新たな課題が浮き彫りとなり、この経験がこれから目指す高い目標へと近づく確実な一歩になっただろう。
 次戦は5月14日、橋本体育館にて令和4年度関西学生バドミントン選手権大会シングルスAが行われる。
【試合結果】
対甲南大
S1酒井☆2−0
S2三嶋☆2−0
D1鎌田・小野田☆2−0
試合後のコメント
鎌田彩羽主将「今大会ではチーム全体として、あまりいい結果を残せていなかった。相手の甲南大は、少数精鋭のチームで個々の能力がとても高かった。これまでは試合展開によってベンチの雰囲気が暗くなってしまうことも度々あったが、きょうは全員が前向きな気持ちで挑めた。大会最後の試合を3―0で締めくくることができてうれしい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です