【卓球部】男子は優勝確定も、女子はストレート負け

<写真・競り勝ち、チームを勢い付けた三浦>

    5月7日、いきいきランド交野にて令和4年度関西学生卓球春季リーグ戦5日目が行われた。男子は、同大と対戦し6-1で勝利。女子は神蔭女大と対戦し、0-7で敗北した。
 ここで優勝が決まる、大事な1戦。1番手の藤木(国3)が3-1で勝利し、チームに流れを引き寄せた。続いて2番手の吉田(法3)が1セット目、デュースに持ち込まれるも、ここを取り切りセット先取。3-0で難なく次へつないだ。しかし、ここで山場が訪れる。3番手の三浦(法2)が接戦を繰り広げ、1-2に。ピンチに追い込まれたものの、巻き返し3-2で勝利を収めた。ダブルスでは吉田・大野(商3)ペアが登場。順調に点を重ね、3-1で関学の勝利が確定した。同時に、関学の春リーグ優勝が決まり、会場が大いに盛り上がった。ここからは天野(商2)、葛西(法1)が危なげなくセットを取った。最後の大野が相手に苦戦し、フルセットで惜敗するも、セットカウント6-1。同大に勝利し、3年ぶりの春リーグ優勝を決めた。また、全勝優勝まで残すは、あすの関大戦のみとなった。
 一方女子は厳しい1日となった。1番手・山本偉(教1)が0ー3で敗北。苦しい状況からのスタートとなった。そして2番手の村田(文4)は着実に点を決め、デュースに持ち込むも、一押し足らず0-3。続く東山(教4)も序盤から厳しい試合展開に。ストレート負けで3連敗となった。もう後がない関学。ダブルスの村田・津隈(社2)ペアが途中追い上げを見せる。しかし相手に圧倒され、0-3で敗北した。ここでルーキー田上(教1)が登場。順調に点を決め第1セットを取った。だが、その後2セット取られた田上。第4セットで巻き返し、フルセットに持ち込むも、最終セットを取れず敗北。そして津隈、山本怜(社3)ともに0-3で圧倒され試合終了。セットカウント0-7で敗北した。
  次戦はあす、同会場にて同大会最終日が行われ、男子は関大、女子は同大と対戦する。

試合結果
男子団体 対同大 ☆6-1
1藤木☆3-1
2吉田☆3-0
3三浦☆3-2
4吉田・大野☆3-1
5天野☆3-1
6葛西☆3-0
7大野★2-3

女子団体 対神蔭女大 ★0-7
1山本偉★0-3
2村田★0-3
3東山★0-3
4村田・津隈★0-3
5田上★2-3
6津隈★0-3
7山本怜★0-3

試合後のコメント
井上湧太男子部主将(法4)「きょう勝てば優勝ということで、気を引き締めて臨んだ試合。6-1で圧倒できたけど、厳しい試合もあった。三浦が相手チームのエースに競って勝ってくれて、流れがきた。他のメンバーも、いつも通りのプレーができていたと思う。しかし、大野はいつも果敢に攻めていたが、きょうは受け身になっていた。そこを修正してあすに臨む。あすも必ず勝って、全勝優勝でみんなで喜びたい」

村田咲紀女子部主将「自分が前半で出て、ストレートで負けてしまいチームを勢い付けられなかったことが反省。相手が強いことも原因だが、チームはいまいち勢いに乗れなかった。田上はのびのび卓球してくれたが、勝てず残念。相手チームの勝負強さに負けた試合だった。しかし、ベンチ内の雰囲気や応援の声は負けていなかったと思う。男子は優勝を決めてくれて良かった。あすは、春リーグラストの試合。自分たちの力を出し切って勝ちます」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です