【卓球部】男子団体4連勝! 女子団体も健闘

image1.jpeg
<写真・チームに流れをもたらした吉田>
    5月3日、YMITアリーナにて令和4年度関西学生卓球春季リーグ戦4日目が行われた。女子は龍谷大に4-3で勝利するも、立命大には3-4で敗北した。男子は立命大と対戦し、5-2で勝利。開幕から4連勝となった。
 全勝で迎えた男子の第5戦は、芝(経2)が1番手で出場。なんとか相手に食らいつくも、及ばず敗北した。しかし、ここで流れを変えたのが2番手の吉田(法3)。両者譲らない接戦の末、意地を見せ3-2で勝利を収めた。この勢いのまま、続く藤木(国3)、吉田・大野(商3)ペア、天野(商2)がストレート勝ち。この試合の勝利が決まった。6番手の注目ルーキー葛西(法1)は1-3で惜敗。しかし、大野が実力を見せつけストレートで相手を倒し、セットカウント5-2で立命大に勝利した。
 一方女子は本日2試合のハードスケジュール。1試合目の龍谷大戦では、東山(教4)、田上(教1)が1-3で負け、いきなりピンチに。しかし、村田(文4)がストレートで相手を下すと、続く村田・津隈(社2)ペアもストレート勝ちで流れに乗った。しかし、山本偉(教1)が1-3で敗北し、後がなくなった関学。津隈が実力を見せつけ、3-0。勝敗は山本怜(社3)に委ねられた。2セット先取し、このまま勝つかと思われたが、相手も引かずフルセットに持ち込まれた。激戦を制し、チームを勝利に導いた。2試合目の立命大戦では、村田がストレート勝ちを収めるも、山本怜が1-3で敗北。東山、村田・津隈ペアもストレート勝ちでカウントは3-1に。しかし、ここから田上、山本偉、津隈が3連敗し、セットカウント3-4で敗北した。
  次戦は7日、いきいきランド交野にて大会5日目が行われ、男子は同大、女子は神松蔭女大と対戦する。
試合結果 
男子団体 対立命大 ☆5-2
1芝★1-3
2吉田☆3-2
3藤木☆3-0
4吉田・大野☆3-0
5天野☆3-0
6葛西★1-3
7大野☆3-0
女子団体 対龍谷大 ☆4-3
1東山★1-3
2田上★1-3
3村田☆3-0
4村田・津隈☆3-0
5山本怜☆3-2
6山本偉★1-3
7津隈☆3-0
女子団体 対立命大 ★3-4
1村田☆3-0
2山本怜★1-3
3東山☆3-0
4村田・津隈☆3-0
5田上★2-3
6山本偉★0-3
7津隈★0-3
試合後のコメント
井上湧太男子部主将(法4)「立命大とは今までも接戦が多かったので、想定内の結果ではある。優勝しか見てないので、一戦一戦プレッシャーはあっても、うまく打ち勝てていると思う。きょうは、2番手の吉田が苦しい展開の中、勝ちで流れを作ってくれたのが大きかった。来週も2戦とも勝ち、全勝で優勝を決めたい」
村田咲紀女子部主将「相手も強いチームなので、油断はできないと思い、試合に臨んだ。1試合目は、勝敗が決まる場面で山本怜が勝ってくれたのが良かった。自分が必ず勝たないとチームも勝てないと思っているので、役割を果たし、悪い流れを断ち切れたことも良かった。2試合目は、勝負所で勝ち切ることができれば、もう少しいい内容になったのではないかと思う。来週は格上の相手だけど、思い切ってプレーできるように頑張ります」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です