【準硬式野球部】同大に本塁打3本を浴び、1ー5で敗北

<写真・きょう先発を務めた西村>
 
 4月25日、黄檗公園野球場にて令和4年度関西六大学準硬式野球連盟春季リーグ第4節第1戦が行われ、関学は同大と対戦。1ー5で敗北を喫した。
 関学の先発を務めたのは、今リーグでも好投を見せている西村(人4)。初回から打たせて取るピッチングで相手を封じた。同大も負けじと固く守り、点の入らない展開に。試合が動いたのは5回表だった。2死で相手を追い込んだ西村だったが、左越本塁打を浴び1点を先制された。7回には、1死一、三塁の場面で再び本塁打で3点を追加され、そして8回にも本塁打。本日3本のホームランを献上し、5失点を喫した。7回裏には、8番・藤岡(商4)の適時打で1点を返すも、反撃は及ばず。同大に圧倒され、1ー5で試合終了。リーグ優勝王手を奪取された。
 次戦はあす、同会場にて春季リーグ第4節第2戦が行われ、関学は同大と対戦する。
試合後のコメント 
瀬川凛和主将(法4)「相手のエースピッチャーが投げることは分かっていた。きょうの試合は完全に力負け。しかし、関学もいい攻め方ができていたので、悔しい負け方だった。チャンスで確実な1本を取らないといけないと感じた。雰囲気は同大に負けていなかったと思う。個人ではなく、チームで戦うという目標が体現できた。あすは雨が降らないことを祈って、絶対に勝つ」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です