【ボート部】女子舵手つきクォドルプルが優勝!

{CAPTION}

<写真・集合写真に応じる選手たち>
 4月24日、大阪府漕艇センターにて第7回西日本選手権大会2日目が行われた。  本日は各競技の決勝が行われ、関学は優勝を含む好成績を残した。まず注目されたのは、一般男子舵手つきフォア。全6艇中、関学からは2艇が出場し、関学Bが1着に入った。一方の関学Aは、6着フィニッシュで結果を残すことはできず。メダルが確定していた一般女子舵手なしペアと一般女子舵手つきクォドルプルでは、ともに奮闘。前者は3艇中最下位で3位となったが、後者は見事に優勝を果たした。
[結果の詳細] ◎一般女子ダブルスカルF―C 城田(法3)萩野(経4) 3艇中2着 8分18秒87
◎一般男子シングルスカルF―E 高田(法3) 5艇中4着 8分18秒44
◎一般男子シングルスカルF―C 飛田(経2) 5艇中5着 8分2秒34
◎一般男子ダブルスカルF―F S富岡(法3)B宮脇(経2) 3艇中1着 7分46秒59
◎一般男子ダブルスカルF―D S小田(文3)B清家(商3) 5艇中3着 7分37秒82
◎一般男子舵手つきフォアF―B 関学B・C雨宮(商2)S澤井(文2)3南(人2)2中村(経2)B石藏(経2) 6艇中1着 6分50秒49
関学A・C小川(社4)S西村(商1)3小西(法3)2兵頭(商3)B山本(社3) 6艇中6着 7分18秒72
◎一般女子舵手なしペアF―A S水本(法2)B西田(社2) 3位 7分58秒62
◎一般女子舵手つきクォドルプルF―A C山上(社4)S石井(文4)3久門(人1)2中原(法2)B河島(教2) 1位 7分26秒13
試合後のコメント 小川瞭主将「チームとしては女子のクォドルプルが優勝など、ある程度の成果はあったと思う。ただ、自分が出場したレースはいい結果が出なかったので不甲斐なさを感じる。コロナ渦であるため、ガイドラインによって各大学がどのくらいの練習時間を確保できるかが変わってしまう。正直、もっと練習時間がほしいと感じた。来週の大会も同じメンバーで挑むので、修正する努力をしたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です