【硬式野球部】石井のサヨナラ打で今大会初白星

Image.jpeg
<写真・サヨナラ打を放った石井>
4月16日、ほっともっとフィールド神戸にて令和4年度関西学生野球連盟春季リーグ戦第3節(対立命大第1戦)が行われた。
“全員野球”で粘り勝ちを収めた! 関学の先発・西(文4)は初回、2死から連打を浴び苦しい立ち上がりを迎えるも、中隈(法4)の好守が光り無失点でピンチを凌いだ。その後は少しずつ本来の落ち着きを取り戻し、うまく修正した投球を見せる。8回123球を投げ5安打無失点で、鈴木也(教4)にバトンをつないだ。両投手が持ち味を存分に発揮し、9回までスコアボードにきれいな輪を並べた。しびれる投手戦で迎えた9回裏。堀尾(社4)の左前安打と松尾(人3)、髙波(経4)が連続でフルカウントからボール球を見極め、無死満塁のサヨナラ機を作る。打席には4番・石井(社3)。追い込まれてからの4球目、振り切った打球は決勝点となる中前適時打。チームの頼れる4番が大仕事を果たした。関学打線が最終回に均衡を破り、ついに今大会初白星を挙げた。あすの対立命大第2戦でも好機を確実にものにし、勝ち点を奪取してみせる。
【立】秋山―星子
【学】西、鈴木也―佐藤海(国4)
試合後のコメント
佐藤海都主将「全員で勝つことができた。石井が持ち前の勝負強さをチャンスの場面でよく発揮してくれた。一人一人が最後まで粘り強く戦った結果、投手陣の好投に応えることができたのだと思う。あすの第2戦もみんなでつなぐ野球をして、勝ち点を取りたい」

 

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です