【硬式野球部】投手陣が粘り強い投球を見せるも得点圏での打線が沈黙し敗北

Image.jpeg
<写真・先発の執行>
4月10日、皇子山球場にて令和4年度関西学生野球連盟春季リーグ戦第2節(対同大第2戦)が行われた。
チームの課題が浮き彫りになった一戦だった。関学の先発・執行(経3)は、テンポの良い投球を武器に初回から4回までを三者凡退に抑え、順調な立ち上がりを見せた。好投に応えたい関学打線は2回裏、先頭の佐藤海(国4)が左前に弾き返しチーム初安打を記録するも、後続が倒れ無得点。その後も打線は沈黙が続いた。7回裏、1死から高波(経4)が死球を受け、続く石井(社3)、佐藤海(国4)がボール球を見極め連続で出塁し1死満塁のチャンスを作りながらも、相手ピッチャーを攻略することができず。9回表からは鈴木也(教4)がマウンドへ。この日もテンポの良い投球で三者凡退に抑えた。9回裏、得点圏に走者を進めるもあと1本が出ず、両者一歩も譲らない息詰まる投手戦で、試合は延長タイブレークへ。相手の犠飛で1点を許し、迎えた10回裏、1死二、三塁の場面で打席には好調の松尾(人3)。追い込まれてから左前適時打を放ち試合を振り出しに。11回表、守備の失策と鈴木也が相手の強力打線につかまりこの回一挙4失点。11回裏、先頭の石井が左前へのヒットを放ち好機につなげ、なんとか追いつきたい関学だったが、得点に結びつけることができなかった。投手陣が粘り強い投球で試合をつくるも、打線が5安打1得点と振るわず、手痛い敗北を喫した。
【同】小倉、真野―星加
【学】執行、鈴木也―佐藤海
試合後のコメント
佐藤海都主将「試合前に切り替えて試合に臨もうという話をチーム内でした。しかし、昨日と同様にチャンスの場面でのあと1本が出ず、好投してくれた投手陣に申し訳ない。来週の立命大は秋山投手など昨年からの主力選手を警戒している。優勝の可能性はまだ消えていないので、あすからの1週間で気持ちを切り替え、しっかり準備して臨みたい」
 
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です