【ボクシング部】4ー1で総合関関戦勝利!

 

<写真・試合後記念撮影に応じる選手たち>

4月3日、関西大学ボクシング場にて第45回総合関関戦が行われ、関学は関大を4-1で撃破した。
2年ぶりの開催となった伝統の1戦。関学は開始からLF(ライトフライ)級の松木(商1)が1年生ながら勝利。チームに追い風を吹かせた。F(フライ)級の奥井(法3)は健闘するも惜敗。相手の棄権により、B(バンタム)級は不戦勝となった。その後LW(ライトウェルター)級の宮川主将(経4)が鮮やかなABD(棄権)勝ちを収めると、続くW(ウェルター)級の水本(商3)も勝利。1年生の活躍も光った関学は、19年ぶりの勝利となった2019年から関関戦を連勝。5月に開幕するリーグ戦へ向け、弾みをつけた。

【試合結果】
LF 松木 判定勝ち〇
F奥井 判定負け×
B上林(法1) 不戦勝
LW宮川 1回ABD勝ち〇
LW水本 判定勝ち〇

試合後のコメント
宮川竜成主将「2019年の勝利はまぐれだと思われたくなかったので、自分の代で再び勝つことができて嬉しい。結果としては良かったが、チームとしてはまだまだ伸びしろがある。関西リーグ優勝を目指し、試合に出る人だけでなく、全員が積極性を持てるようにしたい」

 

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です