【ラクロス部女子】ウィンターステージ準優勝

{CAPTION}
<写真・得点を決めガッツポーズを見せた大川>
12月25日、舞洲運動広場運動場にてウィンターステージ決勝トーナメントが行われ、関学は2位となった。

悔しい結末となった。合同チームとの準々決勝は、リーグでも活躍を見せた大川(商1)、松尾(経1)らが勢いをつけ、大量8得点。相手を圧倒し、8-1で勝利した。続く神大との準決勝。序盤からディフェンスがいい動きを見せ、相手を封じた。この試合も山下(経1)らが順調に得点を重ね、3-0で勝利。決勝進出を果たした。同大との決勝は前半から相手に攻められると、ゴール前での反則が重なり2点を奪われる。攻撃陣も反撃を見せるが、あと一歩のところで得点にはつながらなかった。逆転を目指した後半は大川がフリーシュートから1点を返す。その後も食らいつくが、相手に個人技で突破されるなど点差を離され、1-5で敗れた。サマーステージに続く関西制覇を狙ったが惜しくも届かず、涙の2位に終わった。また、今大会をもって4年生は引退となった。

試合後のコメント
倉本莉子学年リーダー(社1)「1試合目から自分達の雰囲気をつくって試合に挑めた。最後は負けてしまったが、1年生全員でできる試合を悔いなくやり切れたので良かったと思う。サマーステージに続いて、ウィンターステージも優勝しようと思っていて、決勝で同大にも圧勝する、絶対勝つと思ってみんなが取り組めた。1年間苦しいこともあったが、4年生が教えてくれたラクロスを楽しむということを最後まで体現できた。4年生が引退となり、存在の大きさを実感している。今度は先輩として、全日本に向けて頑張っていきたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です