【ラクロス部男子】ウィンターステージ優勝で4年生は引退

{CAPTION}
<写真・試合後に記念撮影に応じた部員たち>
 12月18日、伏見桃山城運動公園にてウィンターステージ決勝トーナメントが行われ、関学は優勝を果たした。
 優勝で4年生に感謝を示した。1年生大会として行われるウィンターステージ。まずは、準々決勝が行われ、関学は合同1チームと対戦した。互いにミスが目立ったものの、2ー0と危なげない試合運びで勝利した。続く同大との準決勝。前半に失点し、リードを許すが後半にAT三宅(経1)の得点で追いついた。その後は互いに堅いディフェンスで試合が動かず1ー1でサドンデスへ。しかし、そこでも決着はつかずフリーシュート戦へと進んだ。結果、2-1で勝利し決勝へと駒を進めた。京大との決勝も先に得点を許してしまう。だが、前半14分にAT中西(経1)の得点で試合は振り出しに。後半は関学が攻勢に出る。7分にAT橋本(商1)が得点を決めると8分にもショットを叩き込み、勝利を手繰り寄せた。3ー1で勝利した関学は、ウィンターステージ制覇を達成。Aチーム、Bチームに続く関西制覇を見守り、4年生は引退となった。
試合後のコメント
小川凌人1回生コーチ(社4)「僕が何かをしてあげられた訳ではない。1年生の成長がこの結果につながった。最後にいい思い出をつくってもらったので、一生自慢したい」
櫻井斗真1回生コーチ(法4)「ビハインドになっても負けるイメージはなく、絶対に勝てると思っていた。1年生は仲が良く、ラクロスが好きで向上心もある。そこが勝利した理由なのではないかと思う。学生日本一を目指して満足することなく取り組んでほしい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です