【ラクロス部男子】日本一達成ならず全国2位で終幕

{CAPTION}
<写真・シュートを放つ岡田>
 11月28日、駒沢オリンピック公園陸上競技場にて第12回ラクロス全日本大学選手権大会の決勝戦が行われ、関学は2ー9で慶大に敗北した。
 悲願達成とはならなかった。創部初となる学生日本一に王手をかけた関学は、試合開始直後から気合いを見せる。得点とはならなかったが、MF高橋(社3)がシュートを放つ。そして迎えた同4分。MF三坂(商3)が難しい体勢から鋭いシュートを決め、先制。チームを活気づけた。しかし、ここから慶大の反撃。相手攻撃陣に対応できないまま第1Qに4点を返され、1ー4と逆転を許す。この失点が重くのしかかることになった。第2Qは4分にAT岡田(経4)が得点するも、1点を奪われ2ー5。前半終了間際には、ATメンバーが1つに集まってボールを隠し、そこから四方へ散るトリックプレーを仕掛ける。相手を惑わせたが、惜しくも得点には結びつかなかった。後半で逆転したい関学だが、慶大の激しいプレッシャーを前に上手くボールをつなぐことができない。相手ディフェンスにボールを奪われると精度の高いロングボールで、第3Qは2失点。2ー7とされた。第4Qは拮抗(きっこう)する展開が続いたが、同9分に耐え切れず失点する。しかし、同13分にはAT岡田が今試合2得点目となるシュートを決めた。その後も相手のファウルを生かし、MF高橋、AT金(社4)らが得点を狙ったが防がれた。すると試合終了直前にとどめの一撃を食らい、3ー9で試合終了となった。  この結果をもって、関学は全日本大学選手権2位。創部初の日本一は次代へと託されることになった。また、2得点を挙げたAT岡田は優秀選手に選出された。

試合後のコメント
高野順平主将(人4)「本当に悔しい。(3ー9のスコアは)やるべきことは全力でやった上での実力差だと思う。みんなは良く頑張ってくれた。相手オフェンスは爆発力があったが、関学のディフェンスが耐え切れなかった。第1Qの4点が痛かった。この1年を振り返って出てくる言葉は『このチームは最高』。これ以上なく楽しかった。みんなが僕を慕ってくれて『高野を日本一の男にする』と言ってくれた。僕が主将になったのではなく、みんなが僕を主将にしてくれたのだと思う。日本一という目標を目指せる環境が関学にはある。後輩たちには、その環境に満足せずもっと上手くなる、もっと強くなることを意識してほしい。これまでやってきたことをふまえて、何段階も上のオフェンス、ディフェンスを期待している」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です