【レスリング部】 2年ぶりの秋季リーグは黒星発進

Image.jpeg
<写真・ローリングを決めた上>
   11月27日、東和薬品RACTABドームにて、令和3年度西日本学生レスリング秋季リーグ戦1日目が行われた。
    初戦は関大と対戦。しかし、勝ちは125禅蕕凌硬帖碧。魁砲良埓鐓,里漾5−1で敗北した。続く第2戦は大体大と対戦。65禅蕕両紂平唯粥砲蓮▲蹇璽螢鵐阿覇静世鮟鼎諭▲謄ニカルフォール勝ち。森田も、相手の足元を捉えた攻撃で均衡を破り、判定勝ちした。しかし、棄権による不戦敗の影響で5−2で敗北となった。帝塚山大学との第4戦でも、上が判定勝ちを収めたものの、4敗を喫し敗北。天理大との第6戦では、57禅蕕虜B次碧。押砲大技で得点を重ねテクニカルフォール勝ち。だが、全体では6−1と力及ばず、敗北となった。
    全4戦を通して勝利は挙げられなかったが、粘り強く戦い続けた関学。あすの大会2日目は南九州大、桃学大と対戦し、勝利を目指す。
試合後のコメント
上啓太主将「久しぶりの団体戦だったが、試合を重ねるごとに感覚が取り戻せた。下級生を中心に積極的な攻撃が見られたものの、自分は攻め切ることができなかった。主将としてチームを引っ張ることができず情けない。あすもチャレンジ精神を忘れず、試合に臨みたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です