【ラグビー部】またしても初勝利を逃す

{CAPTION}

<写真・フィールドを駆け抜けるWTB加藤>

11月6日、天理親里競技場にて2021ムロオ関西大学Aリーグ第5節天理大戦が行われ、関学は17-38で敗北。リーグ戦未勝利のまま5連敗となった。

序盤、力強いタックルで相手の攻撃を止めていた。しかし、相手の軽やかなステップに追いつくことができず、前半17分に先制トライを許した。27分にラインアウトから力強い押しでHO平生(人1)がトライを決めた。しかし、コンバージョンキックは成功せず、流れをつかむことができない。その後天理大のペースに乗せられ、トライ2本とコンバージョンキック1本を許す。ロスタイムで天理大のミスを誘い、ラインアウトからHO平生がトライを決めた。コンバージョンキックも成功し、ビハインドではあるが、関学の得点で前半を終えた。後半はラインアウトでミスが目立った。天理大に連続得点を許し、ロスタイムに突入。素早い動きでボールを得たWTB加藤(商2)はフィールドを軽やかに走り抜けると、会場は熱気に包まれた。そして、WTB加藤がトライを決めるとそのままノーサイドとなった。熱い戦いを見せたが、17ー38で敗北した。開幕からここまで健闘むなしく敗北が続いている。

試合後のコメント 魚谷勇波主将(商4)

「勝ちきれない試合が続き、またも後半に突き放される試合展開となってしまいました。何が足りていないかを明確にして、勝利をつかみたいと思います」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です