【重量挙部】全日本終幕! 4年生は引退

 写真・試合終了後、笑顔で集合写真に映る選手たち>

11月3日、はびきのコロセアムにて令和3年度第67回全日本大学対抗ウエイトリフティング選手権大会(2部)2日目が行われた。

    関学からは、73㌔級に津村(人4)、81㌔級に宇崎(法4)、89㌔級に宗安(商3)と3名が出場した。73㌔級の津村はスナッチで95㌔と102㌔を成功。クリーン(C)&ジャークでは130㌔に挑戦し失敗に終わるも、120㌔と125㌔を成功させ、活躍を見せた。81㌔級の宇崎は怪我に苦しむ中、スナッチでは97㌔と102㌔を成功させた。また、C&ジャークでは118㌔を成功。89㌔級の宗安は、スナッチでの成功は85㌔のみと伸び悩んだ。それでも、C&ジャークは110㌔、115㌔、120㌔の全てを成功させ、会場を盛り上げた。

    今大会をもって4年生は引退を迎え、今後の思いを下級生に託した。4年生は全力を出し切り、重量挙部としての最後の仕事をやり遂げた。

試合後のコメント

津村圭祐主将(人4)「チームとしても個人としても自己新記録を目標に1ヶ月間練習してきた。4年生は学生最後の大会で全力を出し切った。自分は新記録、宇崎は怪我の中にもかかわらず、しっかりとベストに近い記録を出し、有終の美で終わることができた。下級生は得点に伸び悩んだ。精神面、技術面ともにまだまだ他大学との差を痛感した。今後の試合に向けて、日々の練習の成果を発揮し、自己ベスト更新を期待したい」

tags:重量挙

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です