【バレーボール部男子】京産大にストレート負け

Image.jpeg
<写真・得点を決め、輪になって喜ぶ選手たち>

 11月3日、2021年度関西大学バレーボール連盟秋季リーグ第10戦が行われた。関学は京産大と対戦し、セットカウント0−3で敗北した。

 競り合いが続いた第1セット。しかし、サーブミスでの失点から徐々に相手ペースへと巻き込まれ、7点ビハインドに。OH高山(経3)を中心に得点を重ねるも、19−25でセットを落とした。続く第2セット、序盤は関学優勢も、次第に差を詰められ19−18。ここから3連続失点を許すと、そのまま流れを取り返せず。23−25でセットカウントを0−2とした。第3セットでは関学も意地を見せたが、ここも要所で差をつけられ3点ビハインドに。苦しい場面が続くも、MB久永(文2)がクイックとブロックで3連続得点を決め、17−17。脅威の追い上げを見せ、チームに勢いをもたらした。なんとか1セットを取り返したい関学。だが、その空気を保つことはできず、21−25で試合終了。リーグ最終戦を残し、痛いストレート負けとなった。

 次戦は11月6日、秋季リーグ最終戦が行われ、関学は同大と対戦する。


試合後のコメント

小阪龍輝副将(社4)「しっかり負けたなという印象。きのうの練習の雰囲気をそのまま持ち越してしまい、切り替えられなかった。点がほしいところで取り切れず、やはり対応力に欠けていた。この負けは順位にも大きく響いてくると思う。(最終戦に向けて)しっかり練習し直して、勝っていい形で終わりたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です