【アメリカンフットボール部】関大戦後の監督・選手コメント

<写真・今試合QBとしてチームを率いた鎌田>

試合後のコメント

大村和輝監督「前節とは動き方を変えた試合だった。それは、いい方向へいっていたと思う。ただ、全体的にしょうもないミスが多かった。お互いフィールドゴールを外したり、乗っていける場面を決め切れていない。もっと固くなって練習に挑むべき。ある程度パスを通せる環境にあったが、なかなか奮わなかった。#15QB鎌田がもっと落ち着いてプレーできていたら、通っていたと思う。鎌田にとってはいい経験になった。OLはやられていたが、ディフェンスは春よりはマシ。次負けてしまうと、4週連続で試合があり、さらに関大とも当たる可能性がある。そうなれば、けが人が出て、より厳しい状況になる。負けるわけにはいかない」」
--
#95DL青木勇輝主将(商4)「春シーズンに敗北した関大相手に勝利できたのは良かった。しかし、結果的に見れば勝ちだが内容としてはあまりいいとは言えない。オフェンスのファンブルミスや、ディフェンスが変にボールを触ってしまい、関大のプレーを後押しする場面が見られた。このような致命的なミスが続けば、状況次第で負けてしまう可能性は十分にある。(次戦に向けて)次戦は、Aブロック1位である立命大との対戦。今一度、フィールドに立っている選手全員が日本一の選手になるという心づもりで、しっかりと練習に励みたい」
--
#26RB前田公昭副将(社4)「きょうの関大戦は、負けた相手にリベンジできる唯一の機会。春からの自分たちの成長が最もよく分かる試合だと思って臨んだ。結果としては勝てたが、内容で見ると良かった点は少ない。特に、ファンブルミスなど自滅した場面が多かった。より、細かな部分まで突き詰めていく必要がある。(次戦に向けて)立命大は昨年度の4年生が抜けて再建の年というイメージがあるが、今年も充分強いチーム。また、毎年関学に強い思いを抱いて立ち向かってくる強敵でもある。しかし、日本一を目指すにあたって負けるわけにはいかない。必ず勝利して、立命大の関学への対抗心よりも我々の日本一への思いの方が強いことを証明してみせる」
--
#15QB鎌田陽大(商2)「全体を通して、初歩的なミスが多い試合だった。関大は一度負けた相手ということで、勝たなければという使命感が前に出すぎて、変に気張ってしまった。また、スナップでの連携ミスなどもあったが、次戦までの2週間でしっかりと修正をしていきたい。(次戦に向けて)今年度初の立命大との対戦。強敵ではあるが、自分たちのフットボールをして、全力で臨みたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です