【バレーボール部男子】龍谷大にストレート負けで1次リーグ終了

Image.jpeg

<写真・要所でスパイクを決めた小阪>
 10月24日、2021年度関西大学バレーボール連盟秋季リーグ7戦目が行われた。関学は龍谷大と対戦し、セットカウント0−3で敗北した。
 相手の勢いに押され、まさかの4連続失点で幕を開けた今試合。そのまま悪い流れから抜け出せず、終始リードされる展開で22−25。劣勢からのスタートとなった。続く第2セットも相手を追いかける展開。OP小阪(社4)が要所で決めチームを活気づけるも、リードは奪えず。21−25でまたもセットを落とした。勝負の第3セット、序盤は激しいシーソーゲームに。しかし、そこを抜け出したのはまたも龍谷大だった。16−16の場面から痛い5連続失点で、一気に相手ペース。最後まで攻め気を見せたが、19−25でストレート負けを喫した。これでリーグ3連敗となり、1次リーグは終了となった。
 次戦は10月30日、秋季リーグ第8戦が行われる。
試合後のコメント
小阪龍輝副将(社4)「試合を通して詰めが甘かった。チームとして戦えておらず、とてももろい。やはりセッターが変わればバレーが変わるので、もう一度立て直していきたい。(自身のプレーを振り返り)最初は緊張したが、ボールに触れば解けた。思ったよりも動けて、いつも通りのプレーができたと思う。(順位決定戦に向けて)1つでも多く勝って順位を上げるのはもちろん、来年のことも考えていきたい。少しでもチームの状態を良くして、1戦1戦頑張っていく」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です