【硬式野球部】主将に本塁打出るも一歩及ばず最終節黒星発進

<写真・9回に本塁打を放った杉園と共に喜びを分かち合う選手たち>

 10月23日、わかさスタジアム京都にて令和3年度関西学生野球連盟秋季リーグ戦第7節対京大第1戦が行われた。

 いよいよ杉園硬式野球の最終節が始まった。第1戦となったきょう、関学は京大と対戦。2回に髙波(経3)、中村(経4)が安打で出塁すると、2死一、三塁の場面で大石(総4)が適時打を放ち、先制に成功した。関学の先発は黒原(社4)。3回まで三者凡退に抑える力投をみせた。しかし4回、先頭打者を死球で出塁させると続く4番打者にも安打を許し1点を献上した。続く5回も相手の勢いは止まらず、1-3に。逆転したい関学は最終回、杉園(経4)に打順が回ってきた。ここで主将の執念が垣間見える。ボールカウント1-1でむかえた3球目。豪快に振りきった球はレフトを越える特大ソロ本塁打。貴重な追加点が入り、会場が大きな声援に包まれた。しかし一歩及ばず、2-3で試合を終えた。
 残り1戦。あすの試合で杉園野球は閉幕だ。ここまで困難を乗り越えてきた仲間と共にあすも執念で勝利を目指す。

【関学】黒原、山本晃(経4)ー佐藤海(国3)
【京大】水江、水口ー愛澤

試合後のコメント
杉園大樹主将「今日は相手にチャンスをものにされた試合だった。逆に関学は終盤のチャンスをつかめなかった。(9回に放った自身の本塁打について)前の打席でチャンスが回ってきたが打つことができず、『ごめん。次打つ』と言った。有言実行できてうれしい。ここまで一緒に戦ってきた仲間と共に勝っても負けても笑顔で終われるように明日もがんばる」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です