【バレーボール部男子】大産大にストレート負け

Image.jpeg

<写真・得点後、輪になって喜ぶ選手たち>
 10月23日、2021年度関西大学バレーボール連盟秋季リーグ6戦目が行われた。関学は大産大と対戦し、セットカウント0−3で敗北した。
 開始直後からミスが続き、0−5と苦しい展開。OH坂本(社3)を中心に得点を重ね、一時は3点リードと盛り返す。しかし、最後は6連続失点で22−25。貴重な第1セットを落とした。続く2セット目は激しいシーソーゲームに。MB久永(文2)のクイックが要所で決まり23−23まで競り合うも、そこから攻め切れず。惜しくもセットカウント0−2とした。絶対に落とせない第3セット、ここも流れをつかめず13−20に。大きく突き放されたが、関学も意地を見せる。長いラリーを制すなど、粘りのプレーで4連続得点。その後も攻め続け20−21まで追い上げると、相手もたまらずタイムアウト。ベンチからはこの日一番の歓声が湧き上がった。このままなんとか勝ち切りたい関学。しかし、反撃はここまでだった。相手の高いブロックに攻撃を阻まれると、そこから痛恨の3連続失点。今季初のストレート負けとなった。
 次戦はあす、秋季リーグ第7戦が行われ、関学は龍谷大と対戦する。
試合後のコメント
関拓真主将(経4)「先週の負けからチームの雰囲気は悪くなっていた。まとまっていない状態が、試合にそのまま表れたという印象。敗因は攻撃の組み立て方。坂本が徹底的にマークされていたが、そこを避けるためにもっと他にトスを上げるべきだった。しかし、3セット目の盛り上がりは良かったと思う。あの雰囲気が出せたら、あすも勝てる。あすは自分たちのバレーを楽しんでやることを大切に、もう一度勝ちに対する意識付けをしていきたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です