【アイスホッケー部】リーグ最終戦を京産大に3ー0で勝利!

<写真・今試合を無失点に抑えた諸橋>

   10月23日、尼崎スポーツの森にて関学は京産大と対戦。リーグ最終戦となる今試合を3ー0で勝利し、プレーオフに弾みを付けた。
 前回のリーグ戦を7ー2と龍谷大に快勝し、勢いづいた関学。第1ピリオド(P)では猛烈な攻めの姿勢を見せた。開始直後からゴール前へ進むと、終始攻撃を仕掛ける展開に。#86FW中植(社3)、#33FW宮本(国1)らがシュートを狙うもゴールならず。第1P終了間際に#79DF別所のアシストで#15FW今井(教2)がゴール。先制点を獲得し、1ー0で第1Pを終えた。第2Pでは、一変して拮抗(きっこう)した状態が続いた。京産大の猛攻に、危なげな場面があるも#70GK諸橋がセーブ。素晴らしいディフェンスを魅せた。無得点のまま第3Pへ。すると開始4分、#16DF三浦が追加点を獲得した。その後は得点経過なく、2ー0で試合終了かと思われた中、#81FW酒井主将(社4)が魂のゴール。3ー0で2連勝し、プレーオフへと駒を進めた。

試合後のコメント
#81FW酒井良主将「例年より強い京産大相手に勝利できてよかった。序盤から先制点を奪えたが、緊迫した状況だった。最後まで勝ちにこだわり、攻めの姿勢で臨んだことが3点獲得に繋がったと思う。2連勝という形でリーグ戦を終えられて素直に嬉しい。プレーオフに向けて、より堅実に練習を重ねていきたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です