【バドミントン部男子】全日本インカレシングルスに4人が出場

Image.jpeg

〈写真・1回戦を突破した豊口〉
 10月19日、ロートアリーナ奈良にて第72回全日本学生バドミントン選手権大会個人戦のシングルス1〜3回戦が行われた、関学からは4人が出場した。
 1回戦、まずは蘭(社3)が出場。終始リードされる展開で試合を進め、15-21。第2ゲームはデュースにもつれ込む接戦となったが、最後は粘り切れず。ストレート負けとなった。続いて、甲斐雅(法3)が出場した1回戦。第1ゲームを獲得したが、その後は押し負け1-2。ここで敗退となった。田中(人3)が2-1、豊口(法2)がストレートで1回戦を突破し、迎えた2回戦。田中は先制点から一時は5点リード。優勢かと思われたか、徐々に相手の猛攻を受ける。14-21で1ゲーム目を落とすと、後半も巻き返せず。最後は4連続失点でとどめを刺され、敗北となった。残る豊口は、早大との対戦。序盤から一気に突き放されると、そのまま太刀打ちできず。9-21で第2ゲームへと進んだ。中盤での3連続得点など勝負強さも見せたが、あと一歩及ばず。16-21でストレート負けとなり、関学勢全員が3回戦進出を逃した。
【試合結果】
1回戦敗退
蘭 ★0-2
甲斐雅 ★1-2
2回戦敗退
田中 ★0-2
豊口 ★0-2
試合後のコメント
2回戦で惜しくも敗れた豊口竜一朗「調子がいい訳ではなかったが、1回戦はしっかりとつなぎ、自分のプレーで勝てた。2回戦は完全に相手の方が上だったという印象。強いと意識しすぎて、自分のプレーが単調になってしまったのも敗因だった。次の大会は11月の関西新人。テクニックだけでなく、パワーをつけて臨みたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です