【バドミントン部女子】小野田・鎌田ペア、松久・岸野ペアが全日本インカレベスト16進出!

{CAPTION}

〈写真・ベスト16進出を決めた小野田・鎌田ペア〉
 10月18日、桜井市芝運動公園総合体育館にて第72回全日本学生バドミントン選手権大会個人戦が行われた。ダブルスのみが行われたきょう、関学からは6組が出場した。
1回戦には小野田(教3)・鎌田(文3)ペア、松久(人3)・岸野(文2)ペア、三嶋(文1)・岩井(教1)が出場。小野田・鎌田ペアは初戦から苦戦を強いられるも、尻上がりに調子を上げ、見事3連勝。松久・岸野ペアは息の合ったプレーを見せ、2連勝。迎えた関大ペアとの3回戦でも勢いは止まらず、ストレート勝ちでベスト16進出を決めた。三嶋(文1)・岩井(教1)ペアは惜しくも初戦敗退となった。2回戦からは松岡(経4)・酒井(理工3)ペア、山下(文4)・請田(人4)ペア、中西(経2)・加藤(経2)ペアがシードで出場。しかし、シードから出場した3組は初戦を突破することができなかった。小野田・鎌田ペア、松久・岸野ペアはあさって行われる4回戦に挑む。
あすは同会場にて、シングルス1〜3回戦が行われる。
【試合結果】
・1回戦敗退
三嶋・岩井ペア★1-2
・2回戦敗退
山下・請田ペア★0-2
松岡・酒井ペア★0-2
中西・加藤ペア★0-2
・3回戦突破
小野田・鎌田ペア☆2-0
松久・岸野ペア☆2-0
試合後のコメント
ベスト16入りを果たした小野田華実「負け試合になりそうだったが、鎌田が流れを変えてくれた。お互いに鼓舞し合って強気でいけたことが良かったと思う。1、2回戦は相手のミスで点を取ることが多かったが、3回戦は自ら攻めて点を取れたことが収穫。全国大会で3試合の戦いはとても疲れた。目標はベスト8以上。泥臭くでもどんな形でもいいので、あさって1つ勝つ」
粘り強いプレーを見せた鎌田彩羽「内容は良くなかったが、試合を重ねるごとに調子を上げられた。小野田が強気で攻めてくれた。松久・岸野ペアが先にベスト16入りを決め、負けていられないという気持ちだった。自分の出来はまだまだ未完成。小野田はあすも試合があるので、あさっては自分がしっかりと動きたい。ベスト8に入って、全日本総合に出られるように、意地でも勝ちたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です