【アメリカンフットボール部】京大戦後の監督・選手コメント

{CAPTION}

<写真・TDを挙げた齋藤>
試合後のコメント
大村和輝監督「相手のQBをいかに止めるかというところで、ある程度はできたと思う。第3Qではやりたいディフェンスを体現できていた。粘りのプレーはできている。海﨑はパートで1番若いのに余裕があった。風向きをどうしようか話していたが、ランプレーで初めに点を取れてよかった。池田はとてもいい。去年はけがが多かったが、強くなった。鎌田もレシーバーと合ってきたと思う。オフェンスは反則が多いことと、縦に攻めたときにボールがコントロールし切れていないことが課題。(関大戦について)春は完璧にやられている。ラインは関学よりも大きくスピードも速い。立命と同等かそれ以上の相手だと思う。やらないといけない。あと2週間でしっかりファンダメンタルを上げていく」 -- #95DL青木勇輝主将(商4)「同大戦を終えて、きょうまで反省をつぶす2週間だった。今回の試合の中で改善された面は感じられたが、ディフェンスのタックルミスやオフェンスのスタートなど調整が必要な部分もあった。特に今回は反則のような細かいミスが目立ってしまった。今後より強い相手と対戦していく中で、小さなミスが命取りになってくる。普段の練習からさらに気を引き締めていきたい。(次戦に向けて)これからの試合は、1戦1戦全てが負けられない戦いになる。関大は春シーズンに敗れた相手だが、次戦は確実に勝ちにいく。より一層目の色を変えて今後の練習に取り組みたい」 -- #26RB前田公昭副将(社4)「前半はオフェンス陣も練習通りに動くことができ、自分は走っただけだった。しかし、後半はミスで終わらせてしまった部分もある。ディフェンスとオフェンスでしっかりと助け合って、苦しい状況を打破していかなければならない。(京大に対して)相手はきょう負けたら後がない状況にいるため、最初から攻めてくることは分かっていた。その中で相手の基準に合わせる訳ではなく、日本一を取るための基準を自分たちで持つことができたため、ファーストシリーズから自分たちのやりたいことをできたと思う。早い時間帯から試合をコントロールし、勝ち切れたのは良かった。(次戦に向けて)関大は春に負けた相手。自分たちの実力を発揮できずに終わってしまった。だが、負けたから勝ちたいというより、日本一へ向かう中で倒す相手の1人という気持ちを持っている。残り2週間で自分たちの弱さをしっかり見つめ直し、試合に臨んでいきたい」 -- #27RB齋藤陸(総4)「TDを2本取ることで勝利に貢献できたのは良かったが、自分のミスで反則が起こりチームの士気を下げてしまった。いいプレーだけでなく、悪いプレーもあったのが反省点。(RBパートについて)自分含め前田、池田それぞれが2本ずつTDすることができた。記録としては良かったが、まだまだ外に逃げた場面もあり、完璧に仕上がっているとは言えない。個人技を磨いていく必要がある。(秋シーズンに対して)最上級生として、求められたときに確実に点を決められるようにしたい。独走TDより、いかに重要な場面で取り切れるかを大事にしたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です