【フェンシング部】女子エペ団体戦優勝!

〈写真・閉会式後、笑顔溢れる選手たち〉

 10月17日、京都府大山崎町体育館にて、令和3年度関西学生フェンシング選手権大会の5日目が行われた。
 5日目のきょうは、男女エペ団体戦に出場。男子は1回戦敗退と悔しい結果に終わった。近大相手に終盤まで接戦を繰り広げたが、最後は相手に攻め切られ、38-39で敗退となった。女子は1回戦、準決勝と危なげなく勝ち進み決勝戦まで駒を進めた。決勝戦は手に汗握る大接戦。中でも長井(法3)の活躍が光った。43-43の場面、長井の一本が決まって勝負あり。45-43と両者譲らぬ試合を制し、見事優勝。女子団体は全ての種目でインカレ出場を決めた。

試合後のコメント
決勝戦で大活躍した長井「決勝戦で戦った中京大は春季リーグまで雲の上の存在。今までずっと大差で負けていた。春季リーグが終わって、関カレは必ず勝とうと練習を頑張ってきた。関学の戦い方である守りのプレー展開に持っていけたのが勝因だと思う。種目リーダーの巌(文4)さんがリザーブに居てくれたのが本当に心強かった。昨年コロナで代替試合になり中京大に挑むことができなかった先輩たちにもいい報告ができる。巌さんと卒業した先輩に恩返しできたのが1番良かった。今大会は最高の5日間だった。インカレも関学らしいフェンシングをしたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です