【サッカー部女子】大教大に引き分けで勝ち点1獲得

 
<写真・同点ゴールを決め祝福される岡若(中央)>
 
 10月17日、大阪教育大学グラウンドにて2021年度関西学生女子サッカー秋季リーグ(2部)第5節が行われ、関学は大教大と対戦。1-1で引き分け、勝ち点1を分け合った。
 試合は開始早々に動いた。前半7分、ハーフライン付近からのロングシュートを決められ失点。対する関学は同10分、FW岡若(総3)が強烈なミドルシュートを放った。バー上に外れるが、試合は徐々に関学ペースへ。中盤でボールを保持しサイドに展開することで、相手守備網を撹乱しチャンスをつくった。後半に入っても、ペースは変わらず。後半1分、同9分とエース・岡若がチャンスも迎えるも実らない。しかし、関学にはセットプレーという大きな強みがある。同17分、MF小林(法3)が蹴ったコーナーキックに頭で合わせたのは岡若。165㌢の大型FWがチームを救ってみせた。その後は、粘り強い守備と豊富な運動量で主導権を握った。同40分に最大のピンチが訪れるも、GK馬場(人4)がビッグセーブ。1-1で大教大に引き分け、勝ち点1を獲得した。春季リーグで大敗した相手に、見せた互角以上の戦い。チームは確実に進歩を続けている。
試合後のコメント
馬場奈都子主将「春季リーグで完敗した相手に、関学ペースで戦えた。失点はGKとして悔いは残るが、攻撃面でボールを握る時間が長かった。流れの中から点を取れればもっと良かったが、セットプレーは関学の強み。岡若に合わせれば、点が入るという共通認識がある。まだ秋季リーグは1勝しかできていない。互角の内容で戦えている中、勝ち切れないことが本当に悔しい。次節までは少し時間があるので、いい準備をして次こそ勝ちたい」
 
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です