【硬式野球部】勝負どころで本領を発揮し逆転勝利!

Image.jpeg
<写真・二塁上で笑顔の中隈>
10月16日、ほっともっとフィールド神戸にて令和3年度関西学生野球連盟秋季リーグ戦第6節対近大第1戦が行われた。
    関学の先発は黒原(社4)。1、2回を無失点に抑えるも、3回に連打を浴び先制点を献上した。1点を追う関学は4回、反撃を開始。佐藤海(国3)が左安打で出塁すると、大石(総4)が内野安打で出塁。無死一、二塁の場面で打席には代打の守山(法4)。近大・大石の3球目を一塁に強く打ち返し、貴重な同点適時打となった。続く中隈は、フルカウントで迎えた8球目を右方向へ弾いた。大石、守山が帰塁する2点適時二塁打となり、関学は逆転に成功。その後1点を返されるも、鈴木翔、執行、山本晃の投手リレーで逆転は許さず勝利。あすも粘り強く戦い、上位を目指す。
【関学】黒原、鈴木翔、執行、山本晃ー佐藤海
【近大】大石、一文字、古川、寺沢、小寺−西川、黒川
試合後のコメント
杉園大樹主将「関関戦に2連敗した後、4年生でミーティングを行い、これからの戦い方について話し合った。優勝の可能性は消滅しても、最大限の力を出して2位で終わろうという目標を立てた。きょうは心を切り替えて、雰囲気よく戦えたと思う。残りは3試合となったが、やり切ったと心から思えるように全員で戦い抜きたい。(代打で同点適時打を決めた守山について)これまでの試合ではなかなか得点を挙げられず、悔しがっている姿を見てきた。守山は監督からもチームメイトからも信頼されている。熱心にバットを振っていたので、活躍している姿を見ることができてうれしい」
逆転の流れを引き寄せた守山竜成「打席に立ったとき、ベンチやスタンドからの応援の声が届き、打つしかないと思った。自分はいつもスタメンというわけではないので、声を張ることでチームを後押ししている。きょうは結果で勝利に貢献ができてうれしい。残り3試合も試合に出ている人だけではなく、チーム全員のために全力でプレーがしたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です