【バドミントン部男子】全日本インカレ2回戦、明治大に敗北

<写真・スマッシュを決めた豊口>
   10月16日、ロートアリーナ奈良にて第72回全日本学生バドミントン大会、団体戦の2回戦が行われた。関学は明治大と対戦し、セットカウント0ー3で敗北。惜しくも2回戦敗退となった。
 第1シングルスでは田中(人3)が出場。序盤は互角の戦いを繰り広げたものの、連続ミスでリードを返せず第1ゲームを取られた。第2ゲームも相手の流れを止め切れず、ストレート負けとなった。続く第2シングルスに出場したのは豊口(法2)。第1ゲームを16ー21で落としたが、第2ゲームはしっかりと切り替えた。相手の攻撃にも緩急のある攻めで対応し、第2ゲームを取った。第3ゲームは、落ち着いたプレーで食らいつくも、相手の技が光り惜しくも敗北。セットカウント0ー2となった。追い詰められた場面で、第1ダブルスに出場したのは平岡(国4)・神山(人2)ペア。序盤から相手の素早いプレーに圧倒され、8ー21で第1ゲームを落とした。第2ゲームでも相手のペースを崩せず、点差を広げられ黒星となった。
  次戦は10月18日、同会場にて個人戦のシングルス1〜3回戦が行われる。
【試合結果】
S1田中★0ー2
S2豊口★1ー2
D1平岡・神山★0ー2
試合後のコメント
平岡立成主将「4年生は最後の団体戦となったが、しっかりやり切れた。豊口が格上の相手に粘るなど、試合の流れは悪くなかった。勝ちたい試合だったが、レベルの差を見せつけられたと思う。18日から始まる個人戦で負けたら最後になる。ベスト8入りを目指して、切り替えて頑張っていきたい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です