【フェンシング部】 女子エペで石川が3位

<写真・3位入賞を果たした石川>
 10月15日、京都府大山崎町体育館にて、令和3年度関西学生フェンシング選手権大会の3日目が行われた。
   3日目のきょうは、男女エペの個人戦が行われた。男子は4名、女子は6名が出場。男子エペは2回戦までに3名が敗退。唯一3回戦に進出したのは、長崎(神1)だ。3回戦では9-10と1点差で敗れるも、ベスト16入りと健闘を見せた。女子エペは、巌(文4)と石川(社1)がベスト8進出。準々決勝では直接対決となり、ルーキー石川が制した。その後、準決勝は接戦の末、敗北。しかし、3位決定戦では、粘り強いプレーで勝利し、3位入賞を果たした。1日目に続き、ルーキーの活躍が光った個人戦。あすから2日間行われる団体戦でも、きっと新風を巻き起こしてくれるだろう。
   次戦はあす、同会場にて同大会の4日目が行われる。
試合後のコメント
大釜辰也副将(法4)「男女ともに1年生が頑張ってくれた。安心して引退できるなと実感した。男子は上級者が結果を残せなかったが、女子は同期がベスト8入りを果たしうれしかった。全員がインカレに出場することが目標だったが、達成できず悔しさも残った。日曜日の団体戦では、個人で叶わなかったインカレ出場を達成したい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です