【水上競技部競技パート】メドレーリレーで関学記録更新!

<写真・森下を応援する好川、平井、塩川>

 10月9日、東京辰巳国際水泳場にて第97回日本学生選手権水泳競技大会競泳競技3日目が行われた。

 200㍍自由形予選には増田(人2)、100㍍バタフライ予選には好川(法2)、200㍍個人メドレー予選には田中(社2)インカレの大舞台を泳ぎ切った3人の顔には悔しさが垣間見えた。4×100㍍メドレーリレー予選には塩川(経4)・平井(経3)・好川・森下(法4)が出場。第1泳者の塩川が高タイムで流れを作ると、続く3人もそれぞれがチームのために全力を尽くした。わずか0.24秒の差で決勝に進むことは出来なかったが、関学記録を更新する素晴らしいレースとなった。

 次戦はあす、大会最終日が行われる。

本日の結果は以下の通り

[200㍍自由形予選]

39位 増田達哉 1分53秒52

[男子100㍍バタフライ予選]

32位 好川大雅 54秒68

[男子200㍍個人メドレー予選]

30位 田中一路 2分04秒85

[男子4×100㍍メドレーリレー予選]

9位 塩川裕也・平井祐典・好川大雅・森下翔太 3分40秒48

試合後のコメント

200㍍個人メドレーに出場した田中「久々の全国大会で懐かしい気持ちだった。今日泳いでみて自分に足りないのはスピードだと思った。先輩たちの勝負強さを見習いたい。あすのインカレ最終日を最後まで楽しみたい」

tags:水上競技

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です