【水上競技部競泳パート】今インカレ初の決勝進出を果たした

{CAPTION}
<写真・決勝で背泳ぎを泳ぐ塩川>
 10月8日、東京辰巳国際競技場にて第97回日本学生選手権競泳競技大会が行われた。
 大会2日目のきょうは、男子100㍍平泳ぎに平井(経3)、男子4×100㍍フリーリレーには三原(社2)・久世(経1)・勝見(人4)・森下(法4)が出場した。惜しくも決勝進出とはならなかったが、攻めの泳ぎを見せた。男女200㍍背泳ぎ予選には塩川(経4)、藤田(商4)、高(経2)が出場し、塩川が予選3位で決勝に進出。決勝では150㍍地点を3位で折り返し、チームメイトの応援にも熱が入る。ラストスパートのハイレベルな戦いにあと一歩及ばなかったものの、6位入賞という素晴らしい結果を残した。  次戦はあす、同大会3日目が行われる。
本日の結果は以下の通り
[男子200㍍背泳ぎ予選] 3位 塩川裕也 2分00秒53 15位 藤田紘希 2分02秒85 22位 高大輔 2分04秒03
[男子100㍍平泳ぎ予選] 21位 平井祐典 1分01秒73
[男子4×100㍍フリーリレー予選] 11位 三原慶悟・久世航大・勝見駿佑・森下翔太 3分23秒06
[男子200㍍背泳ぎ決勝] 6位 塩川(経4)2分01秒03
試合後のコメント 200㍍背泳ぎで決勝に進んだ塩川「初日だから身体が軽くアップから感覚を掴めていた。決勝に進むことを目標にしていたので達成できてほっとした。決勝の舞台を存分に楽しんで泳ぐことができた。自分が流れを作れたのであすからはみんなにもこの調子で頑張ってほしいし、自分もベストを尽くして頑張りたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です