【準硬式野球部】接戦ものにし、神大に7ー4で勝利!

<写真・6回を無失点に抑えた水>

10月7日、わかさスタジアム京都にて令和3年度秋季リーグが第4節第1戦が行われ、関学は神大と対戦。7ー4で勝利した。

 関学の先発は水(人2)。初回からテンポの良い投球を見せ、相手打線を6回無失点に抑えた。1回の攻撃、2番野村(経3)の安打でチャンスをつくると、打線がつながり、一挙4得点を獲得。3回には、8番藤岡(商3)が相手の隙をつく打撃で出塁し、1点を追加した。だが7回、水に代わった田中(商1)が連続安打を許し、無死満塁に。ここから二者連続アウトを取るも、相手打線を止めきれず3失点。マウンドを池端(経1)に託した。池端も二塁適時打を浴び、7回に4点を返され、同点に。なんとか勝ち越したい関学は8回の攻撃、4番瀬川(法3)が四球で出塁すると、5番立岩(文2)が犠打で瀬川を進める。二死2塁の場面で、7番小原(社2)が適時打を放ち、勝ち越し点を獲得。その後、代打山田健(商2)も二塁打を放つ活躍を見せ、7ー4となった。最後は、池端が落ち着いたピッチングで相手を抑え、試合終了。苦しい展開となったが、大事な1勝を挙げた。

次戦はあす同会場にて秋季リーグ第4節第2試合が行われ、関学は神大と対戦する。

試合後のコメント 

瀬川凛和主将「苦しい展開だったが、勝てたことが何より良かった。前の試合3週間空いて、きょうが第1節という気持ちで挑んだが、反省点が多い試合となった。7回では緩みが出たが、最後は関学の攻める野球ができていたと思う。あすからの試合も、優勝のためには落とせないので、引き続き関学の野球で勝っていきたい」

tags:準硬式野球

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です