【硬式野球部】関大に連敗し優勝へ黄色信号

<写真・適時打を放った大谷>

10月4日、ほっともっとフィールド神戸にて令和3年度関西学生野球連盟秋季リーグ戦第4節対関大第2戦が行われた。

 勝負の関関戦は連敗に終わった。初回に先発の執行(経2)が3安打を浴び、先制を許した。その後は立て直しを見せたが5回に再び関大の猛攻を受け合計4失点。リードを守れなかった。一方の打線は1回に四球と石井雄(社2)の二塁打で好機を演出すると、大谷(法2)が右中間に2点適時二塁打。2-1とし、すぐさま逆転に成功した。3点ビハインドで迎えた7回に四球と代打・髙田(商4)の安打で走者をためると、中隈(法3)の安打にエラーが重なり1点を返した。さらに2死満塁の場面でまたもや大谷が適時打を放ち、4ー5とついに1点差とした。続くチャンスで杉園(経4)の一打も期待されたがここは見逃し三振。同点とはならなかった。最終回にはきのう復帰した黒原(社4)がマウンドに上がり、3人で抑える好投を見せるも、反撃とはならず4ー5で敗北。優勝を争う関大との直接対決で2連敗し、今後の雲行きが怪しくなってしまった。

【関学】執行、西(文3)、山本晃(経4)、鈴木也(教3)、黒原ー佐藤海 (国3)
【関大】宮崎、桃尾、金丸、定本ー有馬

試合後のコメント
杉園大樹主将「負けられない1戦だった。精一杯プレーできたのはとても良かったが、1歩足りなかった。きょうの試合、攻守ともに状態は良かった。だが、チャンスで打てなかったのが敗因だと思う。優勝は厳しくなってしまったが、4回生は野球人生ラスト。必ず笑顔で終わりたい。再来週に向けてチームのやる気を落とさないように調整していきたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です