【硬式野球部】関大に敗れ、連勝ストップ

Image.jpeg
<写真・今季初登板の黒原>
 10月3日、ほっともっとフィールド神戸にて令和3年度関西学生野球連盟秋季リーグ戦第4節対関大第1戦が行われた。
 関関戦の初戦を勝利で飾ることはできなかった。初回は三者凡退に終わり、2回の好機も繋げず。しかし3回に眷函雰丕魁砲死球で出塁すると、石井雄(社2)が安打を放つ。続く杉園(経4)も四球で出塁し、暴投の間に眷箸生還。先制に成功した。その後は安打で好機となるも、得点にはならず。8、9回と三者凡退に倒れた。一方関学の先発は今季初登板の黒原(社4)。各回に1本ずつ安打を浴びるも無失点に抑え、2回でマウンドを降りた。継投したのは西(文3)。3回に安打で出塁を許すと、次の打者に本塁打を放たれ2点を失う。しかし5回までは走者を出しながらも、なんとか抑えた。続いてマウンドに立ったのは鈴木也(教3)。序盤2死三塁の場面で適時打を浴び、追加点を許した。7回にも2死一、ニ塁のピンチで粘り切れず、三塁打を放たれ計3点を失う。これ以上の失点を避けたい関学は8回、樋口(総3)がマウンドへ。安打と四球で1死満塁のピンチを招くと、適時打を放たれ一気に3点を追加される。関大打線に翻弄され、点差を離された関学は、1ー8で破れた。
【関学】黒原、西、鈴木、樋口ー佐藤海 (国3)
【関大】定本、桃尾ー有馬
試合後のコメント
杉園大樹主将「お互いに優勝を意識した試合で、絶対に負けられなかった。しかし、ヒットは多かったがチャンスで1本打てなかったことが敗因。逆に関大は要所で打てていた。守備も打たれてはいけない場面で本塁打を打たれたり、噛み合っていなかった。明日負けたら優勝はなくなる。切り替えて、今日やられた分をやり返したい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です