【バレーボール部男子】 甲南大にストレート勝ち

<写真・点を決め、喜び合う選手たち>

 10月3日、2021年度関西大学バレーボール連盟秋季リーグ2戦目が行われた。関学は甲南大と対戦し、セットカウント3-0で勝利した。
 終始安定したペースで試合を進めた関学。第1セット、序盤リードするも一時逆転を許した。しかし、すぐに巻き返し同点に追いつくと、立て続けに点を決め、25ー22でセットを勝ち取った。続く第2セットでは序盤からOH髙山(経3)を皮切りに5連続得点。その後もサイドライン際のサービスエースを決めるなど、チームを勢いづけた。終盤では6連続得点を決め、25-16と大差をつけて第2セット終了。勝負の第3セット、MB尾曲(教3)のスパイクで先制点を奪った。途中、追いつかれるもリードを守り切り、25-22。セットカウント3ー0で甲南大にストレート勝ちを決めた。
 次戦は10月10日、秋季リーグ戦第3戦が行われ、関学は大国大と対戦する。

試合後のコメント
小阪龍輝副将(社4)「まず、きょうも勝てて良かった。サイド陣が頑張ってくれたというのもあるが、チームの雰囲気が良かった。全員で『勝ちにいくぞ』という気持ちを持てた。だからこそ、終始調子が良く雰囲気が暗くなっても、立て直して勝つことができた。来週もこのまま勝ちにいく」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です