【バレーボール部女子】リーグ2戦目、龍谷大に敗北

 

<写真・スパイクを決める福井>

 10月3日、2021年度関西大学バレーボール連盟秋季リーグ2戦目が行われた。関学は龍谷大と対戦し、セットカウント0-3で敗北した。

 全日本インカレ出場を目指す関学にとって痛い敗北となった。第1セット、OH福井(社3)のスパイクで先制点を奪うとそのままリードし、幸先の良いスタートを切った。しかし、徐々に点差を詰められ逆転を許す。あと一歩のところで逃げ切られ、21ー25で1セット目を落とした。2セット目では相手にリードされ、追いかける展開に。何度も逆転を試みるも追いつけず、22-25で終了。第3セットでは序盤から相手のペースにのまれ、なかなか攻撃が決まらない。差を13点にまで広げられ、追い込まれた関学。だか、意地を見せる。終盤にはMB阿部(経2)やOH安並(教1)が活躍を見せ8連続得点を決めたが、やはり点差は埋まらず。15ー25でここを落とし、セットカウント0-3で龍谷大に敗北した。
 次戦は10月9日、秋季リーグ第3戦が行われ、関学は大国大と対戦する。

試合後のコメント
大西さくら主将(国4)「同じミスや点を決め切れないところが目立ち、自分たちのやりたいことやり切れなかった。1セット目は今試合の3セット目ほどではないが、自分たちが今まで課題にしていたフェイントやプッシュを上げることができていなかった。来週、まずは自分たちができなかったことをやる。スパイクをただ打つだけでなく、相手の隙を狙った攻撃を決められるようにしたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です