【バレーボール部男子】 秋季リーグ開幕戦、天理大に勝利!

Image.jpeg
<写真・試合開始直前、輪になって声を掛け合う選手たち>
     
 10月2日、2021年度関西大学バレーボール連盟秋季リーグが開幕した。関学は初戦、天理大と対戦。セットカウント3−1で勝利した。
 全日本インカレ出場権奪還のため、何としても勝利をつかみたい秋季リーグ初戦。MB尾曲(教3)のブロックで先制点を決めた。その後も常にリードする展開で試合を進めた関学。25−19で危なげなくセットを勝ち取った。続く第2セットでは、WS坂本(社3)のスパイクで先制。シーソーゲームが続くも、WS高山(経3)から2連続で点を決め、相手をタイムアウトに追い込んだ。要所で得点を重ねると、またもWS坂本が決め24−21。最後は相手のサーブミスを誘い、セットを連取した。勝負の第3セット、中盤まで順調にゲームを進めた関学。しかし相手も意地を見せる。ブロックアウトで逆転され17−18とすると、流れは天理大に。相手のミスを誘い食らいつくも、21−25でセットを落とした。第4セットでは序盤から相手の隙を突く攻撃を展開した関学。S木村(国3)のツーアタックなど要所で得点を重ねたが、相手の連続得点で突き放され一時は7点ビハインドに。しかし、WS瀧川(人3)のスパイクが決まると、そこから怒涛の攻撃を見せた。徐々に点差を詰め、23−23。WS瀧川が2連続で決めチャンスつくると、最後はMB尾曲のブロックで勝負あり。29−27でセットを獲得し、リーグ初戦で貴重な白星を飾った。
 次戦はあす、秋季リーグ戦第2戦が行われ、関学は甲南大と対戦する。
試合後のコメント
小阪龍輝副将(社4)「全体的に見て雰囲気は良かった。4セット目を取れたのは、相手のミスもあるが、気持ちの面で勝てたからだと思う。今試合は、坂本の活躍が大きい。キャッチをしない分、よく打ち切ってくれていた。(あすに向けて)まだ相手の対策をする次元にまでいけていないが、あすも自分たちのバレーを展開させたい」
藤川裕樹(教4)「あまり練習できていない中、1試合目で勝てて良かった。次につながるゲームになったと思う。しかし、3セット目は一人一人のミスが連続し沈んでしまった。(あす対戦する甲南大は)オーソドックスな攻撃が多い印象。サーブで攻めて、切り返すバレーを展開していきたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です