【硬式野球部】2試合連続の逆転勝ち! 同大との初戦を制す

{CAPTION}
<逆転に沸く選手たち>

9月25日、ほっともっとフィールド神戸にて令和3年度関西学生野球連盟秋季リーグ戦第3節対同大第1戦が行われた。

終盤で試合を決めた。関学は初回の守りで先発の鈴木也(教3)が2本の安打で先制を許すと5番打者に2ランを浴びて3失点。同大の勢いに飲まれた。しかし、2回の攻撃で鈴木也が自らの内野安打で1点を返す。その後、立て直した鈴木也は2、3回を無失点。継投で執行(経2)、西(文3)がそれぞれ2イニングを0で抑え、援護を待った。追いつきたい関学は走者を出すものの攻め切れず。それでも、7回に中隈(法3)、髙波(経3)の連打で好機を演出する。代打の佐藤樹(経2)は三振に倒れたが、大谷(法4)がレフト前へ弾き返し、3ー2の1点差に詰め寄る適時打となった。8回には先頭の佐藤海(国3)が安打で出塁し、リーグ初出場の両井(社1)が犠打、髙波が四球でつなぎ2死満塁のチャンス。ここで主将の杉園(経4)がセンターへの2点適時打を放ち、4ー3と逆転に成功した。8、9回は山本晃(経4)が無失点の好投を見せ、そのまま逃げ切った。杉園は2試合連続での決勝打を放ち、関学は2連勝。あすの対同大第2戦でも勝利を狙う。
【関学】鈴木也、執行、西、山本晃ー佐藤海 【同大】髙橋佑、真野、小倉、髙橋恭、東山-星加、有賀
試合後のコメント
杉園大樹主将「初回に3失点したがうまく耐えて、凌いでという感じだった。残塁が多く点が入らない状況が続き、嫌な雰囲気だったが最後はチャンスで1本が出た。3連勝を目指し1戦必勝で頑張ります」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です