【硬式野球部】逆転勝ちで第2節を1勝1敗で終える

Image.jpeg
<適時二塁打を放った杉園主将>
9月20日、南港中央野球場にて令和3年度関西学生野球連盟秋季リーグ戦第2節対立命大第2戦が行われた。
    粘り強さを見せた。関学の先発は山本晃(経4)。初回、先頭打者に中前安打で出塁を許し、4番の適時打で先制点を献上した。1点を追う関学は3回表、眷函雰丕魁砲右越二塁打で出塁。石井雄(社2)も遊安打で続く。1死一、二塁の場面で打者は杉園(経4)。2点適時二塁打を放ち、一挙逆転に成功した。4回からは執行(経2)が登板。6回、1死二塁の場面で、打球は二遊間へ。適時打になると思われたが、遊撃手・大石(総4)が追いつき軽快に処理。7回には、1死満塁のチャンスを迎えるも、併殺で得点を与えない。要所で抑え切り、無失点の投球を見せた。 抑えで登板した鈴木也(教3)は1点差を守り抜き、2−1で試合終了。接戦を制し第2節を1勝1敗で終えた関学は、2ポイントを獲得。暫定3位となった。
【関学】山本晃、執行、鈴木也ー佐藤海(国3)
【立命】秋山、京極、高塚、谷脇、藤本−藤原、市原
試合後のコメント
杉園大樹主将「第1戦とは違い、粘りのある戦いができた。(自身の2点適時二塁打について)きのうは決めきれなかった、1死一、二塁のシチュエーション。今回は必ず打つという気持ちで打席に入った。自分の力だけでなく、大石の好守備などの活躍もあっての勝利だったと思う。次戦の同大は、下級生の多いフレッシュで元気のいいチーム。きょうのようなロースコアでの展開が予想されるが、粘り強く戦っていきたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です