【硬式野球部】打線振るわず秋季リーグ黒星発進

Image.jpeg
<先発登板した鈴木也>
9月19日、南港中央野球場にて令和3年度関西学生野球連盟秋季リーグ戦第2節対立命大第1戦が行われた。
    悔しさ残る黒星発進となった。関学の先発、鈴木也(教3)は初回を三者凡退に抑えた。続く1回裏、中隈(法3)が三塁打で出塁すると、続く眷函雰丕魁砲左前適時打を放ち先制点を挙げた。しかし、中盤から立命大の反撃が始まった。3回に四球で走者を出すと、2者連続で二塁打を打たれ逆転された。5回にも長打を放たれ追加点を献上し1−3に。逆転したい関学打線だが、2回かは7回まで三者凡退に終わる。8回に大石(総4)が左前ヒットで出塁も、その後は続かず。9回には中隈が再び安打で出塁。石井雄(社2)が四球を選び1死一、二塁とするも、併殺で試合終了。開幕戦は悔しい敗北となった。
【立命】村上、高塚、藤本、谷脇−島谷、藤原【関学】鈴木也、執行(経2)、樋口(総3)、澤田(経2)ー佐藤海(国3)
試合後のコメント
杉園大樹主将(経4)「2週間以上練習ができておらず、連携面が不安だった。1回で点を取ってからランナーがしばらく出なかった。気持ちにプレーがついていけなかったと思う。試合中の雰囲気は良かったので、今後も明るさを大切にしたい。チームとしての目標である関西優勝を達成するのはもちろん、ラストシーズンなので、悔いのないようにプレーしていきたい。あすの第2戦は勝負どころで決め切る試合にしたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です