【弓道部女子】リーグ初戦、大経大に勝利!

Image.jpeg
<写真・皆中した葛城>
 9月19日、令和3年度関西学生リーグが開幕した。女子は初戦で大経大と対戦し、61中ー55中(全80射)で勝利した。
 大前に葛城(人4)、弍的に田中(国1)、落前に難波(法1)、落に吉野(社3)が出場した。1立目から葛城と難波が順調に皆中。序盤から勢いを見せた。しかし、2立目、3立目で失速気味に。徐々に相手に追い上げられるも、後半は勝負強さが光った。気合を入れ直した関学は、4立目に葛城、田中、難波が皆中。5立目も最後まで抜かりなく弓を引き、61中ー55中(全80射)。白星発進となった。
 次戦は10月3日、リーグ戦第2節が行われ、近大と対戦する。
試合後のコメント
葛城実由主将「大経大には、監督も記憶にないほど長い間勝てていなかった。気持ちで負けてしまうところが課題ではあったが、そこを全員がしっかり意識し、結果を出すことができた。(3立目では)難波が1中となり不安だったが、『やれる』とひとこと言ってくれたので自分も気を引き締めた。それにみんながついてきてくれて、勝利につながったと思う。練習で出せないことは自信にならないので、運任せにしないチームを今後もつくっていきたい。次戦負けてしまえば悪い流れを生んでしまう。気を抜くことなく次からも確実に勝っていき、もっと上を目指す」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です