【ゴルフ部】関大に敗れるも関西3位で全国大会出場権獲得!

<写真・試合後笑顔を見せる選手たち>

 9月10日、日野ゴルフ倶楽部にて関西学生男子秋季1部校学校対抗戦が行われた。4位以内が全国大会出場の条件となる今大会。関学は最終日を2勝1敗1分け、勝ち点7の暫定3位で迎えた。関大との対戦にて午前シングルスは山本(社4)の1勝のみ、残りは6敗1分けとふるわず。巻き返しを図りたい午後のダブルスでは、那須(経4)・四位(人3)ペアと山本・落合(経3)ペアが勝利を収めるも、2勝2敗により引き分けとなった。5日目の成績は5.5Pー10.5Pと関大に敗れたものの、総合成績は3位をマーク。約2年ぶりの入賞を果たし、全国大会出場が決定した。

本日のスコアは以下の通り
午前シングルス
1.四位 ×  1UP
2.安河内(人2)×  1UP
3.石過(商3)×  2and1
4.岡田(法1)×  2and1
5.山本 ○  2and1
6.近藤(法2)×  1UP
7.落合 ×  1UP
8.松岡(法2)A.S.

午後ダブルス
1.四位・那須ペア ○   1UP
2.中村(法4)・松岡ペア ×   3and2
3.山本・落合ペア ○   2and1
4.岡田・山田(社2) ×   1UP

試合後のコメント
那須亮介主将「想定した以上の結果が出せて嬉しい。チームの団結力があったからこそ出せた記録だと思う。今までの関学ゴルフ部は緊張感や上下関係の縛りが強かったが、いい意味でそれらを変えてこれたと感じている。ぜひ後輩たちにも変革の流れを継いでいってほしい」
山本敬三ゲームリーダー「このチームで戦えてよかったと思える試合だった。培ってきたチーム力がダブルスという形で発揮できたと感じている。自分はエースとしてチームを牽引してきたが、今後は後輩の番として活躍に期待している。ぜひ自分を超える選手になってほしい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です