【バドミントン部女子】秋季リーグ初黒星

{CAPTION}
<写真・2戦連続ストレート勝ちした酒井>
 9月6日、橋本体育館において令和3年度関西学生バドミントン秋季リーグ戦第3戦対龍谷大戦が行われ、セットカウント2-3で敗北した。  第1シングルスに出場したのは、酒井(理工3)。素晴らしい集中力で、相手の隙を突く攻めのプレーを連発。甲南大戦に続いてストレート勝ちを果たし、チームに貢献した。第2シングルスには女子主将松岡(経4)が出場。序盤にミスが目立ち相手のペースにのまれる。ネット際へのナイスショットなど追い上げをみせたが、惜しくも0-2で敗北となった。第1シングルスでは山下(文4)・請田(人4)の4年生コンビが息の合ったプレーを見せた。前半は試合の主導権を握り試合を進めたが、相手ペアの鋭いプレーに力及ばず0-2の黒星となった。第2ダブルスには小野田(人3)・鎌田(人3)が出場。第1ゲームを落ち着いたプレーで先取するも、第2ゲームの接戦を惜敗。迎えた最終ゲームは連続4得点するなど攻めのプレーを存分に発揮し快勝。白星を飾った。勝敗を決める試合となった第3シングルスに出場したのはきのうに引き続き1年生の三嶋(文1)だ。リズムをつかめず相手のプレーに圧倒される。結果はストレート負けとなったが必死に食らい付く姿にチームメイトの応援にも熱が入った。  セットカウント2-3で龍谷大に敗北し、今大会初黒星となった。 次戦はあす、大会4日目が行われる。
【試合結果】 S1酒井☆2-0 S2松岡★0-2 D1山下・請田★0-2 D2小野田・鎌田☆2-1 S3三嶋★0-2
試合後のコメント 松岡真那女子主将「きのうに増して一人一人がみんなを信じて応援できたからいい試合になったと思う。(次戦からは)自分が取らないとチームは勝てない。徐々に調子も上がってきていると思うから、下級生に気持ちよく試合をさせてあげるためにもやるしかない。ここで終わりではないからあすからも頑張りたい」

iPhoneから送信

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です