【バドミントン部女子】秋季リーグ初戦、武庫女大に勝利!

Image.jpeg
〈写真・初戦勝利を決めた中西・加藤ペア〉
 9月3日、和歌山ビックホエールウェーブにて令和3年度関西学生バドミントン秋季リーグ戦が開幕。関学は初戦、武庫女大と対戦しセットカウント3−2で勝利した。
 第1シングルスには女子主将の松岡(経4)が出場。第1ゲームでは逆転勝ちするも、その後は連続で落とし1−2で惜しい敗北となった。続く第2シングルスに出場したのは三嶋(文1)。第1ゲームを勝ち取ると、連続得点で相手を抑え込みストレート勝ちを収めた。第1ダブルスには山下(文4)・請田(文4)ペアが出場。終始リードを渡さず、危なげなくストレート勝ちとなった。流れに乗ったまま、勝てば初戦勝利が決まる第2ダブルスへ。中西(経2)・加藤(経2)ペアは、持ち前の声とプレーで序盤から相手を圧倒。最後は相手のミスを誘いストレート勝ちを収めた。第3シングルスには岸野(文2)が出場。怒涛の6連続失点で第1ゲームを落とすと、そのまま巻き返せずストレート負けとなった。チームは3−2で辛勝。第2戦以降で、目標の関西制覇へと弾みをつける。
 次戦は9月5日、同会場にて大会2日目が行われる。
【試合結果】
S1松岡★1−2
S2三嶋☆2−0
D1山下・請田☆2−0
D2中西・加藤☆2−0
S3岸野★0−2
試合後のコメント
松岡真那女子主将「チームとしては勝てたが、自分が最初にいい流れをつくりたかった。しかし、全員で補い合うのがリーグ戦の魅力。次はチームの勝ちにつながる試合をしたい。(次戦に向けて)甲南大ともきょうと同じような展開になると思う。自分たちがやってきたことをそれぞれが出せば負ける相手ではないので、しっかりと準備していきたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です