【カヌー部】全日本インカレ最終日、200㍍決勝で好成績

{CAPTION}

 8月29日、山形県月山湖カヌースプリント競技場にて第57回全日本学生カヌー選手権大会最終日が行われた。本日は200㍍競技の決勝が行われ、多くの選手が好成績を残した。シングルスでは、{JWK-1}200㍍決勝で柳原(法2)が堂々の1位。前回大会2位の酒井(商3)が{WK-1}200㍍決勝で3位入賞を果たした。ペアでは、{K-2}200㍍決勝で野村(社4)・谷口(文3)組が6位、小鑓(商4)・大瀬(教1)組が8位となった。また、今大会で4年生は引退した。
本日の主な成績は以下の通り。
{JK-1}200㍍決勝 4位松澤(経2)
{JWK-1}200㍍決勝 1位柳原 8位谷口(生1)
{K-1}200㍍決勝 3位酒井
{WK-1}200㍍決勝 6位細見(総3)
{WK-2}200㍍決勝 7位上杉(商3)・奥田(人1)組
{WC-2}200㍍決勝 2位川口(人3)・瀬並(人3)組
{K-2}200㍍決勝 6位野村・谷口組 8位小鑓・大瀬組
試合後のコメント 東山尚矢主将(経4)「結果について満足はできない。カヤック部門で部活で1位になれなかったことより、後輩たちが各々の目標を達成できず、悔しそうにしている姿を見ることが辛かった。(後輩たちには)感謝しかない。今までありがとう、みんなならやれる」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です