【弓道部女子】男子に続き、関西選手権3位入賞!

Image.jpeg

<写真・試合後に記念撮影に応じた選手たち>

 7月25日、関西学院大学弓道場にて第65回関西学生弓道選手権大会女子決勝トーナメントが行われた。関学からは予選を突破したCチームが出場し、3位入賞となった。
 大前に葛城(人4)、落前に田中(国1)、落に吉野(社3)が出場。1回戦では田中、吉野がともに皆中し11中を記録。大経大Bチームの6中を上回り、準々決勝へと駒を進めた。続いての対戦相手は京産大Bチーム。8中−7中とわずかに上回り勝利した。準決勝では大経大Aチームと対戦。8中−10中で敗れ、惜しくも決勝進出を逃した。3位決定戦では京橘大Aチームと対戦。見事全員が皆中し、12中−6中。きょう1番の記録を叩き出し、3位入賞で大会を終えた。
試合後のコメント
葛城実由主将「男女とも3位以上に入賞できるのは7年ぶり3度目。自分たちの年にこのような結果を残すことができ、安心した。1回戦ではチームを勢いづけられたが、その後は気持ちで負けていってしまった。予選からの1週間、私からは『自分を信じてチームを信じて、最後まで粘り強く』という3点を言い続けてきた。3位決定戦では各々がするべき仕事ができ、結果としては良かったと思う。(来月行われる全日本選手権に向け)全国にはもっと強い相手もいるが、自分たちのやることは変わらない。それを伝え続け、チームに背中で見せられるよう、インカレでも入賞する」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です