【卓球部】男女とも勝利し幸先の良いスタートを切る

{CAPTION}
<写真・女子の一番手で出場した山本>
7月1日、島津アリーナ京都にて第90回全日本大学総合卓球選手権大会(団体の部)が行われた。1日目のきょう予選リーグが行われ、男子は東北福祉大、女子は日本女子体大と対戦。ともに3ー0で完勝した。
 女子はまず、山本(社2)が登場。相手に先行してセットを奪われるも粘り強く戦い抜き、逆転で勝利を収めた。続く4年生の秋山(教4)はストレート勝ちで流れをつかむと竹田(国4)・光根(法4)ペアもストレートで勝利し、3ー0で初戦を取った。  男子は新人大会を制したルーキー・天野 (商1)がストレート勝ちを収めると大野(商2)、吉田(法2)も力を見せつけた。こちらも3ー0のスコアで東北福祉大を破った。
あすも同会場で2日目が行われる。
《試合結果》
女子予選リーグ 対日本女子体大
山本☆ 3-2
秋山☆3-0
竹田・光根☆3-0
合計3-0
男子予選リーグ 対東北福祉大
天野 ☆3-0
大野☆ 3-1
大野・吉田☆ 3-1
合計3ー0

試合後のコメント
竹田彩乃女子主将「2年ぶり全国大会での団体戦。みんな緊張してたと思うが、女子では山本が苦しい試合乗り越えて流れをつくってくれた。あすからも、もう一度切り替えて頑張りたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です