【サッカー部女子】同大に1ー0で今季初勝利!

{CAPTION}

<ドリブルをする牧浦>
 6月27日、びわこ成蹊スポーツ大学にて、順延となっていた2021年度関西学生女子サッカー春季リーグ(2部)第1節が行われ、関学は同大と対戦。1-0で勝利した。
 開幕3連敗と今試合で何とか白星を挙げたい関学。前半は思うように攻撃できない時間が続いた。前半2分、さっそくピンチが訪れるがGK馬場(人4)のナイスセーブで失点を回避。相手のスピードに追いつけずに苦しむも、同15分頃からFW牧浦(教2)やMF新富(社1)を筆頭にゴールを目指し続けた。同21分にはMF末吉(法2)がドリブルで切り込みシュートを放つが枠外へ。お互い一歩も譲らず0ー0で前半を折り返した。後半は徐々に関学ペースに。しかし、得点にはつながらない。後半27分にはFW鈴木(商2)が果敢に攻めるがゴールならず。同29分、途中交代のFW前川(社3)のプレッシャーが相手GKのペナルティーエリア外でのハンドを誘発。FKを獲得すると、DF小林(法3)が落ち着いて決め待望の先制点を挙げた。その後は守り切り、1-0で今季初勝利を収めた。
試合後のコメント 馬場奈都子主将「勝ちがない中で今回勝てて本当によかった。1人1人の活躍によるチーム全体としての得点だったと思う。前回の敗北から自分たちがしたいプレーを増やそうと意識してきた。特に小林は攻撃、守備の両面で貢献してくれた。この勝利を次戦につなげたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です