【硬式野球部】2回戦突破し全国8強入り!

{CAPTION}

<写真・本塁打を放った石井雄>
6月9日、明治神宮野球場にて第70回全日本大学野球選手権記念大会2回戦対国武大が行われ、6-4で勝利した。
 関西の執念を見せつけた! 関学は3回、四死球で満塁のチャンスをつくると打席には大谷(法4)を迎える。叩きつけた打球は三塁手の頭上は弾み適時内野安打。1-0と先制点を挙げた。先発の山本晃(経4)は走者を背負うも3回を無失点。しかし、二番手の西(文3)が捉えられ4回に2失点と逆転を許した。また、6回には2点本塁打を献上し、1-4と点差を広げられた。反撃したい打線は四死球で何度も走者を出すが、安打が出ず得点を奪えない。そんな中、6回途中から登板の鈴木翔也(教3)は無失点に抑え続け、攻撃へとリズムをつくった。すると8回、髙波(経3)が安打で出塁。続く石井雄(社2)は3球目をレフトへの豪快な2点本塁打。1点差に迫ると、四球、髙田(商4)の安打などで満塁の好機を演出する。ここで、中隈(法3)が押し出しの四球を選び同点。さらに暴投と大谷の左前適時打が飛び出し、6ー4と一気に逆転した。その後も鈴木が落ち着いた投球で相手打線を抑え、勝利を手にした。
 これで2回戦を突破した関学は8強の仲間入り。あすの3回戦は慶大と対戦する。

【関学】山本晃、西、鈴木翔也-佐藤海(国3)
【国武大】板川、山本、原田、湯浅永-佐藤

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です