【陸上ホッケー部女子】 中京大に0-1で惜敗し、リーグ2連敗

 

<写真・守備で奮闘した小笹主将>
 6月6日、天理親里ホッケー場にて令和3年度関西学生ホッケー春季リーグ第3戦が行われ、関学は中京大に0-1で惜敗。リーグ2連敗となった。
   悔いが残る敗戦となった。近年、分が悪い中京大に対し序盤から関学ペース。第1Q(クオーター)6分、8分と立て続けにPC(ペナルティーコーナー)を獲得するなど、相手ゴールに迫り続けた。特に光ったのは中盤の攻防。セカンドボールをことごとく回収し、試合のリズムを整えた。第2Qに入ると、一進一退の展開に。ピンチも招くが、DF小笹(経4)やDF亀山(人1)を中心に、粘り強い守りを見せた。攻撃面ではFW吉原(人3)やFW的塲(文1)が何度も決定機を迎えるが、決め切れず。スコアレスで前半を折り返した。迎えた第3Qも、拮抗(きっこう)した展開は変わらず。関学は相手ゴールを脅かし続けるが、あと一歩、あと数センチのズレが響きゴールネットを揺らせなかった。スコアレスドローでSO(シュートアウト)戦突入かと思われた第4Q10分、相手にPCを与えるとこぼれ球を押し込まれ失点。諦めることなく最後まで攻め続けるが、0-1の惜敗を喫した。ここまでリーグ戦3試合で1得点。チャンスを量産しながらも、得点に結び付いていない。勝利をつかむためにも「決定力」という明確な課題は避けては通れない。
 次戦は6月13日、同会場にて同大会第4戦が行われ立命大と対戦する。
試合後のコメント
小笹夏実主将(経4)「勝ち切ると決めていたので、悔いが残る結果となった。決定機は多くあったが、決め切れなかった。勝負弱さが出てしまったと思う。試合に向けてはいい雰囲気で来ていたが、アップ時から動きが硬くなってしまった。しかし、試合前から狙いとしていたインターセプトを狙うところなど良かった点もあった。中でも、DF岩山(総2)は中盤でのボール奪取や前へのパスが光っていた。次戦に向けては、チーム全員でいい準備をしていきたい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です